弊社では福祉用具貸与事業・販売事業を開始しましたが、開始にあたり超えなければいけないハードルがあります。
福祉用具を販売、貸与するには、福祉用具専門相談員が必要なのです。
今回はこの福祉用具専門相談員についてのお話です。

福祉用具専門相談員って?

福祉用具専門相談員とは、福祉用具を利用する人に対して選び方や使い方を説明したり、アドバイスしたりする専門職です。
介護保険サービスを利用している人は様々な病状をかかえています。その人たちに対して、ケアマネージャーさんと協力しながら最適な福祉用具を選定・提案し、自立した生活をサポートすることが役割です。

主な仕事内容

介護サービスを利用する場合、利用者には担当のケアマネージャーが一人つきます。介護サービスは全てそのケアマネージャーが作成したケアプランをもとに提供されるため、私たちもそれに則り、福祉用具のレンタルや販売を行います。利用者の体の状態や使用環境に合わせて調整し、安全に正しく使っていただくための取り扱い方法の説明も行います。また、利用者宅を定期的に訪問して、福祉用具の点検、利用状況の確認も行います。

福祉用具専門相談員になるには

福祉用具専門相談員になるには、指定講習を受講し、修了試験に合格しなければなりません。また、介護福祉士、社会福祉士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士の国家資格を有している者であれば指定講習・試験を受講しなくとも福祉用具専門相談員として認められます。
福祉用具貸与事業を行う事業所では、2名以上の配置が義務付けられていますが、弊社には国家資格保有者・資格取得者含めて4名在籍しています。

まとめ

介護職に就いていない方は意外に思うかもしれませんが、福祉用具の種類やバリエーションはとても豊富です。ベッドなどの大型のものから、食器などの小さなものまで多岐にわたります。
福祉用具を必要とする利用者様やご家族が安心して豊かに暮らせるよう、コンサル会社だからこそできるサービスをご提案いたします。
ご質問等ございましたらこちらよりお気軽にお問合せ下さい(T)