弊社では開業支援、経営相談、高度管理医療機器販売、補助金助成金支援、M&Aアドバイザー等各種サービスを行っております。高齢化社会が進む中、私たちを取り巻く地域社会や家族構成、介護方法など日々大きく変化をしている状況であります。
その中で私たちに出来るものは何か。
高齢者や皆様のご家族が幸せに暮らせるよう「お手伝いしたい」という想いから、令和4年3月福祉用具貸与・販売事業を立ち上げました。
今回は、弊社がこの事業について事業名と活動地域についてお話ししていきます。

福祉用具貸与事業・販売事業とは?

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、日常生活上の便宜を図るため及び機能訓練のために指定を受けた事業者が、要介護者等の日常生活の自立を助けるための用具を貸与する事業を言います。
ただ、貸与するものになじまない器具(排泄や入浴に関する物等、他人が使用したものを使用することに抵抗があるもの)については、貸与ではなく販売という形態になってきます。

「プラチナけあ福祉用具」という事業所名の由来

プラチナとは上質で品格を感じさせ輝きを失わないイメージがあると思います。年齢問わず、福祉用具を利用することでプラチナのように輝き続ける生活を送っていただきたい。
自分らしさを大切しながら日常生活を豊かに送っていただきたい、そのお手伝いがしたいという思いから「プラチナけあ福祉用具」と名付けました。
私たち自身も皆様と関わる中で新たな発見や成長を続けていき、「プラチナけあ福祉用具」をご利用してくださる全ての方々の生活が豊かになり幸せになることを第一に考え活動をしています。

活動地域

弊社はオフィスがある東京都日本橋を中心に千代田区、江東区、港区、墨田区、台東区、荒川区、足立区で活動しておりますが、今後は福祉用具を必要とする方々に寄り添えるよう東京都全地域を対象とし活動できればと考えております。

まとめ

弊社では管理者を含め4名で活動中。うち2名が医療従事者です。
現場での経験を活かし、従業員全員で一人でも多くの方に寄り添い、皆様に安心してご利用していただけるよう活動しています。
コロナウイルス感染拡大により私たちの生活や経済活動は大きな影響を受け、外出が減り日光を浴びなくなったというお声も伺いました。
福祉用具を使用することで、外出したい、お散歩したい、という気持ちになり、笑顔になれる様な日々を送れるお手伝いが出来たらと思います。
介護施設やケアマネージャーの皆様、私たちと一緒に福祉用具を必要とする方々の笑顔を増やし環境づくりをしていきませんか。(F)