BLOG

新年のご挨拶

2021/01/06

新年あけましておめでとうございます。あまりだれも期待はしていないと思いますが、力を振り絞りブログにチャレンジ!(笑)。

と言いますか、なかなか書けないくらい新型コロナウィルス感染症の影響によりそれどころではありませんでした。今日も東京都の感染者数は過去最高を更新して1,591人と報道されました。いよいよ今週には新型コロナウィルス感染症に係る緊急事態宣言の発出が予定されています。

皆さんは体調はいかがですか。読まれる方々が生活変容があるにしても健康であることを願うばかりです。

しかしながら、新型コロナウィルス感染症による大打撃により経済活動が狂いました。様々なデータを各々で収集しておられると思いますので割愛しますが、「凶変」してしまいましたね。とはいえ、オロオロしても仕方がありません。受け入れて会社存続の一手を打たなければなりません。実行に移さねば何も始まりません。平時何を考え、行動してきたかが問われる瞬間なのでしょう。

「思慮と実行」

行動の第一歩を踏み出す。そこに至ってはアレコレと考えるのは、ムダだと考えました。行動に移る土壇場で躊躇せず、逃避せず、自らの行動によって事態を動かす責任を背負うことを昨年上半期に決めました。まず、物売りから開始。マスク、防護服、消毒液等を海外から調達。いま考えたらやったこともないことをよくやってたなと驚いています(笑)。海外の場合は、調達時に前払いなので資金の調達に苦労しました。底が尽きたといってもいいくらいです。

「考えが足りないんじゃないか」などと思慮の不足を気に病むくらいでした。物売りって意外と利益が薄いことが理解できました。どうしても消耗品に特化した販売をしていたのでそういう結論に至るわけですが、よい勉強をさせていただきました。普段から思慮をめぐらし無分別な行動で感情を暴走させず自滅しないようにしなければとさえ思いました。

しかし、この後の現場を想像することはできました。消耗品の高騰による経営資本の枯渇です。医療も介護も個人や中小企業レベルです。必ず資金が不足するであろうと考えました。では、弊社に何が出来るのか?と常に思慮を忘れず資金調達の方法を模索していました。そこに第1次から第3次の補正予算!どこにどの程度のお金が国から流れるのかを検証することで多くの事業者をご支援することが出来ました。

すぐに行動を起こし対応できたことは収穫でした。令和3年度の予算もしっかり動向を見定め事業者さんに喜んでもらえるように思慮を深め、的確に行動したいと思います。

いずれにしろ、この苦しい状況は大小はあれどみなさん一緒。役立つことを一生懸命見つけて行動をする。そこにしっかり利益がついてくればと思います。

今回は、弊社からマスクと防護服を少々故郷に寄贈させていただきました。なんか好循環の輪が広がっていくといいなと感じているところです。

まだまだこの状況は続くかと思いますが、何としても今期も乗り切れるように前進したいと思います。

 

川畑